プリフィール

元システムエンジニア デジタルの世界からアナログの世界へワープ

ホームプロフィール
私の写真
最近は各地のクラフトイベントに出ることが多くなりました

丸本雅明

1962年 広島に生まれる
1998年 広島市の陶芸サークルに通い陶芸を始める
2000年 安浦町に定住し灯油窯を設置
2005年 屋号を土の器工房とし本格的に陶芸活動を開始する

大学卒業後、15年間は普通のサラリーマンでした。
コンピュータ関連の仕事をしてました。

それがある日、後輩が行っていた陶芸教室に私も行ってから、
陶芸にはまりました。

その頃、
田舎暮らしに憧れ、広島市近郊の安浦町に古い民家を購入。
田舎過ぎず、それでいて自然も豊富なこの町が気に入りました。
程なく、会社を退職し、いつの間にやら、陶芸家気取りです。

私の作る器

私が作るのは普段使いの器です。
日常の食卓で気兼ねなく使ってもらえて、手作りの温もりのある器作りを心がけています。

シンプルで、料理の映える器、自己主張はほとんどしませんが、
いつまでも使っていただける器でありたいと思います。

活動

2004年 1月 広島市 インテリアハウスウエンディ 個展 第1回普段使いの器展
6月 広島市 ギャラリーてんぐスクエア 三人展 焼き物三重奏展
9月 鞆の浦 保命酒屋 三人展 焼き物三重奏展in鞆の浦
2005年 1月 広島市 インテリアハウスウエンディ 個展 第2回普段使いの器展
3月 呉市 鶏肋堂 二人展 ちょっと気になる器と人形展
2006年 10月 広島市 ギャラリーてんぐスクエア 二人展 ちょっときになる器と人形展
10月 呉市 鶏肋堂にて くれが創ったアートたち展
2007年 4月 広島市 インテリアハウスウエンディ 個展 第3回普段使いの器展
4月 山口県防府市 春の壷まつり
6月 島根県邑智郡 香木の森 手づくり村
10月 呉市 鶏肋堂にて くれが創ったアートたち展

※2008年以降の活動は工房通信をご覧下さい。

公募展

楓文大鉢

2005年 呉市美展 入選

普段使いの器を作る私は、公募展などにはほとんど応募しないのですが、呉市と安浦町が合併した時、記念に一度応募してみました。