工房について

土の器工房の作品たちは ここで生まれています

ホーム工房について

昭和初期に建てられた家

瓦は新しくなり、壁にはサイディングが張られていますが、かなり古い家です。
私達は2000年に、ここに引越してきたのですが、聞いた所によると昭和初期に建てられたとか。
夫婦二人と猫二匹、それと鶏たちで住むにはとっても広い家です。

建物左側が母屋で、右側が元の納屋で、そこを工房・ギャラリーとして使っています。

テンちゃん
テンちゃん
テンちゃん
テンちゃん

工房

広さは約10畳くらいです。
広くはありませんが、一人で作業するには十分な広さです。

工房の看板
工房の看板
電動ロクロ
外の眺めながらの作業です
本焼を待つ器
本焼を待つ器

焼成窯は灯油窯と電気窯の2基。
現在は電気窯(写真右)を中心に使っています。

灯油窯
炎で焼くので味があります
炎上げる灯油窯
炎を噴出す灯油窯
電気窯
マイコン制御で安定稼動

ギャラリー

工房の前側、道路に面した部屋は展示室にしています。
眺めがよく、秋には黄金色に輝く稲穂を見る事ができます。

展示室からの眺め

この展示室に来られたお客様は、のんびりと風景を楽しまれます。

工房の看板
オシャレなcafe風な室内
電動ロクロ
白壁と黒い梁
本焼を待つ器
古い家具に作品た並びます

近くにお越しの際は、是非お寄りください。
(事前に、電話等で私の在宅のご確認をお願いします)
なお、工房の場所はこちら地図のページでご確認ください。